2010年07月27日

搬送車内の写真

DSCF0173.JPG今日は搬送車内の写真を載せてみました。手(パー)
救急車と違い木目調のデザインを行いリラックス出来る様に工夫しています。
患者様以外に4名の搭乗が可能です。
どんな事でもお気軽にお問合せをしてください。
電話0120-81-9931
posted by Q太郎 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

感謝状

先日、東京救急協会から東京マラソン大会のボランティア救護に参加した功労を表彰され感謝状を受理しました。
寒さの残る2月の雨の日に大会が開催せれ我々が待機していた38km救護所にも続々とランナーが救護を求めてきました。
丁度その時、近くの病院に低体温症のランナーがいて直ぐに救護所内でDrによる治療観察が必要になり我々の出動要請がかかりました。
民間救急車両で当社スタッフ2名と大会職員で病院に行き救護所に搬送しました。ランナーは状態の悪化はなかったです。
他の救護所でも多くのランナーの搬送があり、今回初めて民間救急が参加した大会も無事に閉会しました。
posted by Q太郎 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

搬送

本日の搬送は、ご家族様4名が乗車した搬送でした。
天気も良く患者様も楽しそうに会話をしていました。
当社の搬送車は患者様以外に4名〜6名様の乗車が可能です。
救急車と同じ大きさの車やマイクロバスの車があり、
お客様に喜ばれていますわーい(嬉しい顔)
どの車をご利用いただいても同一料金です。
頼もしいスタッフが2名でお迎えに上がりますので
安心してご利用下さい手(パー)
ご不明な点は、0120-81-9931までご連絡お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)
byS.S隊員
posted by Q太郎 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

搬送内容

読者の皆様いつもお世話になります。
今日は、民間救急の搬送内容のご説明をします。

病院や施設への入院・退院・転院。病院や診療所への通院に多くのお客様がご利用になっております。
その他に冠婚葬祭の出席や患者様とご一緒の家族旅行を行っております。
1台の車両に2名のスタッフが乗務して必ず1名が患者様の傍で容態の観察を行うかたちでの搬送になります。
頼りになるスタッフが安全安心確実に搬送を行いますので、いつもご利用のお客様より温かい感謝のお言葉を頂いています。
搬送資器材や車両を当社ホームページで掲載していますので、是非ご覧になっていただきたいと思います。
当社ホームページアドレス手(パー)
http://www.minkyu.co.jp/

お気軽にお問い合わせください。わーい(嬉しい顔)
byS.S隊員
posted by Q太郎 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

一時帰宅

本日は、患者様の一時帰宅の搬送を行ないました。
天気晴れに恵まれて本当に良かったです。少し寒かったですが・・・。
病院からご自宅へは搬送車モバQで4時間の所要時間でしたが、
移動中の患者様はいたって元気わーい(嬉しい顔)でおしゃべりに花が咲きました。
やはり久々の自宅とあって少々興奮気味で先生が許可してくれれば、宿泊したいとおっしゃておりました。
しかしながら病院での経過観察が必要なので先生の指示通り日帰りでの一時帰宅。
自宅には親戚の方や近所の方がこの日の為に集まっておられるので
病院に帰りたくないのは良く分かります。
ちょうど近所の公園の桜が咲き始めたとの情報がありましたので
自宅に行く前に公園に立ち寄りました。
車椅子には乗れない容態ですのでストレッチャーを車外に出して
桜の木の下にご案内しました。
毛糸の帽子や手袋と掛け布団を2枚重ねて寒さ対策は十分に行いました。
時間にして15分位でしたが患者様は季節を感じられて良かったとおっしゃっていました。わーい(嬉しい顔)
自宅ではそれはそれは大勢の方々がお集まりになっており
自宅搬入がかえってちょっとではありますが大変ふらふらという感じでした。
やはり自宅の滞在時間も先生によって決められていたので
残念ながら1時間で帰る事になりました。
帰路の患者様は興奮していた影響でぐっすり寝ていました。
一時帰宅でいつも思うのですが、
スケジュールは、先生と打合せをして患者様のペースで時間管理が必要ですね。
健常者では理解できない事が多いのが患者様の容態です。
元気に見えても病気であることには変わりありません。
決して無理は禁物でまた来ようと思えるくらいが丁度良いですね。
普段は静かな病室で安静にしている環境から180度違った環境ですので
当然疲労度も大きなものです。
ですので患者様容態のチェックは非常に厳密に行います。
1時間と決められていても30分で切り上げる事もあり、そのようなときは私どもとしても残念ですがご理解をして頂き無事に一時帰宅が終了しています。
この一時帰宅で容態が悪化してしまうとまた一時帰宅をすることも
許されなくなりますし、当然患者様自身のご負担も大きくなります。
1日でいろいろな場所に連れて行きたいお身内様の考えは理解できますがお身内様自身もまた連れて来ようと思える気持ちの柔軟さが大切と思います。
一時帰宅は、また帰りたいと思える位の程良さが一番大切ですね。
無理は禁物。
すみません・・・長話で・・・

byS.S隊員
posted by Q太郎 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

羽田空港へ

本日の午後の搬送飛行機

某病院を昼過ぎに出発し羽田空港へ搬送しました。
Drが同乗して患者様の経過を目的地の北海道の病院まで診る内容でした。
病院が航空機会社へ提出する診断書が受諾され、患者様とDrとお身内様と我々民間救急隊員が特別な搭乗ゲートから入り患者様を航空機内のベットスペースにお連れしました。
今回の機内は小さな飛行機であった為に通路が狭かったのですがスクープストレッチャー(担架より小さい)にお乗せ換えして無事に搬送が終了しました。手(グー)
上記の搬送の場合は、搬送時間に余裕を持って行動し、決して乗り遅れない様にしております。手(パー)
稀に渋滞がなく随分早く羽田に到着するケースがありますが、乗り遅れない為の保険と考えて空港職員との待ち合わせ時間までご利用の方々には休憩やお食事をとって頂いております。わーい(嬉しい顔)
その間は、我々搬送スタッフが患者様の観察を継続していますので安心です。わーい(嬉しい顔)
我々A'ZUMA民間救急サービスでは、どのような搬送にも対応出来るよう日々訓練を行い多くの患者様に喜ばれております。
bySS隊員

posted by Q太郎 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

Dr同乗の搬送

先日、都内某病院から関東地方の北にある病院に患者様を搬送しました。

ご家族の希望で病棟のDrが同乗でした。
やはり心配ですよね。遠方になればなるほどこのようなケースがあります。
我々にはDrの同乗手配は出来ませんので現状ではご家族と担当Drとでお話が進められています。

搬送は無事に終了し患者様も喜んでおられました。

byS.S隊員
posted by Q太郎 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

本日の搬送

本日の搬送は、民間救急を初めてご利用になる方の搬送でした。

仕方がない事なのですが、民間救急の存在自体を知らないでご利用にな

る方々が多くいらっしゃいます。もうやだ〜(悲しい顔)

何をしてくれるのか?どのような車なのか?といろいろと想像さ

れて当日ドキドキされている方が多いです。

民間救急は重篤な患者様や急変が予測される患者様は、搬送できま

せん。

当社の車両は救急車と同じ大きさの搬送車とマイクロバスの搬送車

があります。お迎場所やお送り場所に合わせて使い分けています。わーい(嬉しい顔)

通常は搬送スタッフ2名で行い、運転担当スタッフと患者様観察スタッ

フ1名の内容です。手(パー)

搬送車や資器材をホームページに公開しておりますので

是非ご覧下さい。わーい(嬉しい顔)

http://www.minkyu.co.jp

お問い合わせ電話番号0120-81-9931

よろしくお願い致します。

S.S隊員より


posted by Q太郎 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

本日の自宅搬送

本日は退院の患者様の搬送を4件担当しました手(グー)

担架、スクープ、布担架、サブストレッチャーなど
使いこなしてご自宅お部屋までお送りしました手(グー)

上記資器材により殆どの住宅が対応可能です手(グー)
そして、A'ZUMA民間救急隊員がスムーズかつ、ていねいで
安全に患者様をお部屋ベットまでお連れしました手(グー)

明日も、スタッフ一同、頑張ります手(グー)

posted by Q太郎 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

本日の搬送・・・

本日、リピーター様2件、ご新規様2件を担当しました手(グー)
内1件は羽田空港までお送りしました。
先程、帰庫しました手(グー)
帰庫後、スタッフ達で良かったところ、
次搬送の注意点などをミーティングして、
日々、患者様にとって一番良い搬送を心がけております手(グー)

明日、私のチームは北関東から都内の転院搬送があります手(グー)

スタッフ一同、頑張ります手(グー)
posted by Q太郎 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。