2012年02月03日

看護師同乗の搬送が可能です

看護師の同乗を指定された搬送2件を終了して今、東京に戻って来ました。

2件目の搬送の途中、雪がチラついてきましたが積もることも無く、無事に目的地に到着して終了(^-^)
ほっとしていたら患者様とご家族から温かいお礼のお言葉を頂きました。
お客様から元気を頂いたので、さぁ〜今日も頑張るぞ(^-^)
posted by Q太郎 at 16:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

秘密装備品を公開(@_@)

%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88%E6%96%B0.jpg最近、自宅搬送で寝室が2階以上の患者搬送が多く、頻繁にこの装備品を使用しているので、ご紹介します(●^o^●)
通称名は、布担架です。
購入先のワコー商事さんいわく消防の救急隊も同様の物を使っているそうです。
特徴は、破けない素材で出来た敷物の中に空気膨張のマットが入っておりクッション性があること。
体に痛みのある患者様にとって、やさしい担架となります(@_@)
民間救急は、通常2名対応ですので、救急隊よりも1名少ない対応。
そのデメリットを補うのが、スタッフ2名用の肩ベルトと患者様用のベルト。
スタッフが万が一手を離しても、患者様が動いてしまっても落下せず安全なんです。
万が一にならぬよう当然訓練していますし、搬送に向かう最中にバディーとイメージトレーニングしていますので安心してください(^^ゞ
なぜ、そこまでしてこの布担架を使用するのかというと、階段が狭く急で螺旋している為なんです。
通常は担架を使いたいところですが、担架が入らない曲がれないという住宅事情にあります。
最近の使用例では螺旋外階段3階の自宅搬送時に使用しました。
大変でしたが、なんといっても搬送依頼があればの、お仕事ですから。

掲載写真「ワコー商事 商品カタログ」

posted by Q太郎 at 08:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

看護師が同乗するA'ZUMA民間救急

今日は、当日受付で看護師の同乗要請の患者搬送をしましたグッド(上向き矢印)
民間救急では、救急救命士が医療従事者として同乗することは一般的ですが、この業務についていると病院側から看護師を同乗させてほしい要望が多々あります。
当社では業務の職域が広い看護師を1ヶ月間スケジュール管理していますので、看護師を必要としているお問い合わせに即答することが可能です。手(グー)手(グー)手(グー)
posted by Q太郎 at 16:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

今日は小学校で講師しました

今日は、ボランティアとして世田谷区の小学校でキャリア教育の講師をしました(@_@)
なんと今年で連続4回目(@_@)
6年生を対象にして職業の紹介から就職した理由等々お話ししました。
例年感じるのは、すごくまじめな質問が多い事。
シンプルな質問なのだけれど自分自身を振り返るチャンスとして受け止めお答えしました。
4回目ともなると今年も呼ばれるかなと期待してしまいますね。
子供を持つ親として今の小学生の学校生活を見てみたいというか、参加することが癖になりました(●^o^●)
自分の人生を説明するのは、難しいですが、生徒さんの真剣な眼差しを見ると真剣になりますね。
とにかく楽しい授業でした(●^o^●)
生徒の皆さんありがとうございます。
posted by Q太郎 at 21:19 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

筆談具

筆談具は患者搬送の必需品です。
患者様とのコミュニケーションが取れるのと取れないのとは大きな違いがあります。
我々スタッフにとって都合が良いのではなく、筆談をする事によって患者様がリラックス出来る事なんです(^^)
誰しも不安や不満はありますが相手にそれが伝わらないのは誰しもストレスですよね。
弊社では、商品名ブギーボードを使用しています(^^)
この特徴は、ペン先でも書けるのですが爪でも書ける事。
患者様がペンを握らなくても書けるということです(@_@)
そしてボタンを押せば一瞬で消去が出来るので簡単簡単(^^)しかもエコです(^^)
紙だと書き終わればゴミになりますから(●^o^●)
posted by Q太郎 at 13:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

プライバシーマーク

平成23年10月14日付けで弊社が『プライバシーマーク』を取得しました(●^o^●)

昨今ニュースでよく『個人情報の漏えい事件』を見ますが、
弊社を信頼して個人情報を提示されたお客様を裏切らない様、
スタッフ一同気を引き締めて頑張ります(^^)/

一概に取得といっても直ぐに取得出来る訳でもないのが『プライバシーマーク』
弊社では、取得するぞ!!と代表の指示のもと始まり、
各部署の代表が集い1年以上の準備期間を経ての取得。
書類作成に徹夜のときもありました(@_@;)
私は、自分の部署と営業所だけでしたが、
会社全体を見なければならない立場の者は、
人には分からない苦労をされたのではと思います。
お疲れ様でしたm(__)m
大事なのが各部署のスタッフへの浸透・・・維持管理・・・2年毎の更新・・・

posted by Q太郎 at 12:35 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

実際にあった「ほっとした」お話

実際にあった「ほっとした」お話です。
数年前に自宅から病院までの搬送を依頼され、その後リピーターになった方のお話です。
その当時は、寝たきりで移動の際にお尻に何かが当たると痛みがありクッションをあてがっての搬送が続きました。
通院や検査入院等、必ず当社で対応しました。
だんだん回数が多くなるにつれ患者様も身近な出来事をお話されるようになり車内はほんわかな感じになりました。
最初は、激痛があったお尻のジョクソウもご家族のケアの甲斐もありほぼ完治して車椅子に乗れることに(^_^)
それでも通院の際は、往復の疲労を考えて当社のストレッチャーでの移動でした。
通院目的の内科疾患も先生から完治したとの合格をいただき処置室で皆でおめでとうと祝福しました。
先生も看護師さんも我々スタッフも一緒に(^o^)v
そんな時、これまでの搬送が走馬灯のように頭に甦りました。
スタッフとお尻が痛むからこうしようとか雨の日には濡れないようにこうしようとか患者様も含め色々と話し合いましたね。

通院が終わった車内でご家族より民間救急を卒業しますとお話がありました。
会社的に考えると残念な気持ちになりますが、その時は、そんなことは感情に上がりもしませんでした。
良かったですねとほんと一言でした。
元気になって民間救急を卒業された患者様のお話でした。
posted by Q太郎 at 08:56 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

プライバシーマーク取得しました(●^o^●)

平成23年10月14日付けで『プライバシーマーク』取得しました(●^o^●)

一概に取得といっても直ぐに取得出来る訳でもないのが『プライバシーマーク』
弊社では、取得するぞ!!と代表の指示のもと始まり、
各部署の代表が集い1年以上の準備期間を経ての取得。
書類作成に徹夜のときもありました(@_@;)
私は、自分の部署と営業所だけでしたが、会社全体を見なければならない立場の者は、
人には分からない苦労をされたのではと思います。
お疲れ様でしたm(__)m

そして大事なのが各部署のスタッフへの浸透・・・維持管理・・・2年毎の更新・・・

昨今ニュースでよく『個人情報の漏えい事件』を見ますが、
弊社を信用して個人情報を提示されたお客様を裏切らない様、
スタッフ一同気を引き締めて頑張ります(^^)/
posted by Q太郎 at 17:13 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

すてきな「笑顔」

民間救急では、患者様の冠婚葬祭の出席やご旅行も可能なんです(@_@)
先日は、結婚式の出席でした。
最近は、孫の成長やお祝いをビデオレターという形で見せるご家族が増えていますが、やはりご本人が出席して生で楽しむことが本当の思い出になると思いますね(^^)/

患者様に同行して一番印象深かったのは、患者様の「笑顔」でした。
リピーターの方でしたので、普段のお顔の表情は良く知っているつもりでしたが、見た事がない笑顔にスタッフ一同(@_@)していました。
実際に出席することは、普段寝たきりで治療に専念している患者様にとって、感情的に何か得られるのではないかとつくづく感じますね。

結婚式の出席の数日後に掛り付けの病院への定期的な通院搬送を行った際、結婚式に出席出来たことへのお礼のお言葉を頂きました。
目的を持って日々過ごされている患者様の笑顔にスタッフ一同元気を頂きました。
posted by Q太郎 at 11:03 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

長年継続しているといい事があります

株式会社A'ZUMAの清水です。
マイクロバスを所有している民間救急で尚且つ、ご要望やご容態により看護師が同乗する事が出来るのは東京都内でも珍しいのではないのでしょうか。
患者様やご家族のご希望を伺い、お客様第一をもっとうにした結果、現状のスタイルを確立しました。
維持をすることは、正直大変な時もありますが、代表の荒井昭博以下スタッフは、お客様に喜ばれたい強い気持ちを持ちとても勢いがあります(@_@)
1982年から民間救急をしていたからこそ勢いがあるのだとつくづく思いますね。
... 長年継続していたからこそリピーター様との信頼関係が深く、A'ZUMAさんは家族の一員とありがたいお言葉をいただきます。
都内には約50社の民間救急があるのに当社を選んでいただきながらスケジュールも合わせてくれるなんて・・・感謝です。
もっともっと努力しないといけませんね。
posted by Q太郎 at 20:47 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。